AAAAAAAAAA

会員専用ページ
メールアドレス
パスワード

商品検索
キーワード
価格範囲
円〜
廣川昆布が美味しい理由

廣川昆布が美味しい理由

株式会社廣川は明治35年に広島県福山で廣川春吉が佃煮や漬物の製造販売を手がけたことにその歴史が始まります。以来歴史を刻む佃煮(主に昆布)の老舗であります。現在は大阪府松原に本拠を置き、主として昆布製品の製造販売を行っておりますが、昭和5年に廣川雅市が大阪・天下茶屋で昆布の製造を始めました。大釜を用い直火で昆布を炊く手法は創業当時から今も変わらずに、「廣川」の伝統として受け継がれてきました。
株式会社廣川は創業当初からの塩昆布作りの伝統を守り続けると同時に、常に世の中が動いているように人々の食べ物の趣向も変化し続けていることを真摯に受け止め、「廣川」の商品開発もそれに歩を同じくするように新しい味を求めて日進月歩の開発を行っています。 伝統に支えられた昆布製品の製造が「廣川」の強みであり、また新しい味を追い求めながら皆様に「美味しい」と言っていただける製品作りを心がけております。

佃惣菜ブランドの確立

廣川の新ブランドを創るために、若手を主体とした商品開発プロジェクトチームを編成し、2年かけてプロジェクトを完成いたしました。
新しい廣川のブランド「佃惣菜」は、美味しいを追求し何が美味しいかを考え、商品開発し味や食べやすさを追求した商品となっております。
食べて頂ける方の事を考え、我々が満足し、また喜んで頂けるであろう商品をご提供することが、佃惣菜ブランドの主たる考えであります。
一度、ご試食頂けますよう、よろしくお願い申し上げます。

»こんぺい堂の「廣川昆布」お取扱い商品